トリックアートとは

服部正志の作品例

写真を撮りあって楽しむ参加型トリックアートはファミリー、カップル、団体客がおおいに盛り上がります。老若男女+海外からのお客様も、どなたでも楽しめます。SNSとの相性は抜群です。観光地のミュージアムなので旅の思い出として自分達の写真を多数残せます。

三次元的な世界を壁や床に描くことで現れる不思議な立体感を楽しむアートです。伝統的な遠近法でリアルに描写する技法だけでなく、アナモルフォーシス(ゆがみ絵)の技法などを使うこともあります。
人間の先入観から生じる錯視を楽しむものです。
特にカメラを通して見たときに、超現実的な世界が見えるように計算されています。

またそれ以外にも、逆遠近錯視、隠し絵、鏡面など心理学的、視覚的認識傾向を利用した錯覚を楽しむ「観る」作品もあります。
逆遠近法などを使って錯覚効果を楽しめる彫刻作品や動画作品もあります。

 

服部正志の作品例